レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバー比較.net
レンタルサーバー比較.net トップページ>レンタルサーバーの選び方
レンタルサーバーの選び方
レンタルサーバーの種類
レンタルサーバーは大きく分けて、「共用サーバー」「専用サーバー」「仮想(バーチャル)サーバー」の3つがあります。

共用レンタルサーバーは、1台のサーバーを複数のユーザーで利用(共用)するサービスです。住居で例えるならマンション の一室を借りているといった感じです。一般的で最も多く利用されています。

共用サーバーのメリットとしては複数ユーザーで共有するので価格が非常に安くなるといった点です。ホームページの運営に必要なソフトウェアやマニュアルなど通常使用しそうなものはほとんどそろっています。

一方、共用サーバのデメリットとしては一人でも迷惑なユーザーがいると同じサーバーのユーザー全員に迷惑がかかるということです。

専用レンタルサーバーは、一台のサーバを独占して利用することができるサービスです。住居で例えるなら一戸建てを借りるといった感じです。

専用サーバーを借りるメリットとしては、一台のサーバーを独占して利用するので容量がGB単位で大きいことと、root権限という特別な管理者権限を与えられるため自由に活用することが出来る点です。

商用目的、ビジネスでの利用に向いています。一方、デメリットとしては各種環境設定やセキュリティー等、自分で設定しないといけないので専門的な技術が必要な事です。 またサーバーを1台利用する為共用サーバに比べ価格が高くなります。

仮想(バーチャル)レンタルサーバーは、共用サーバーでありながら仮想的に専用サーバーと同等の機能を提供するサービスです。専用サーバーを借りるよりもよりも安価で、専用サーバーと同等の機能を利用できることが特徴です。

共用サーバに特殊なソフトをインストールし、個々のユーザーがあたかも管理者権限(root権限)を持っているかのように設定することで、管理者権限が必要なソフトを動作させるなどの専用サーバにしかできない機能が利用できます。

私の個人的な意見としては、共用サーバーで十分だと思います。最初からアクセス数が保証されるサイトでもない限り、最初から無理をして、専用サーバーを利用する必要はありません。

実際、個人でサイト運営している人の多くは、共用サーバーを利用しています。たとえば、今後アクセス数が増えたり、負担のかかる映像や画像を配信していくのであれば、その必要性を感じたときに、専用サーバーに切り替えればいいのではないでしょうか。

ディスク容量
ディスク容量とは、ホームページスペース容量とメール容量を合算した容量になります。もちろん容量は多ければ多いに越したことはありませんが、テキスト中心のサイトであれば100MB程度あれば十分だと思います。

ただ、動画や画像を大量に掲載するのなら、大容量のレンタルサーバーを選ぶべきです。特にアダルト系サイトの運営であれば100MBでも足りないくらいです。将来的なサイトのボリュームも考慮してディスク容量を選びましょう。

欲しい機能
オリジナルCGI
オリジナルCGIが使えることで、「掲示板」「お問い合わせフォーム」といった便利なコミュニケーションツールをホームページに付け加えることができます。各種スクリプトはネット上で公開されているので簡単に手に入れることが出来ます。

PHP
現在のレンタルサーバーはCGIは使えて当たり前として、PHPが使えるかどうかは、ひとつのチェックポイントだと思います。なぜならPHPはCGIと同様サーバーで稼動するプログラムでCGIよりも速いことからPHPの代わりに利用されることが多くなりました。

今後PHPによる各種スクリプト開発がますます増えるのでPHP是非利用したい機能です。

データベース
データベース機能が使えると、ホームページ上でデータの検索、並べ替え表示、複雑な条件での抽出表示などを行うことができます。ホームページ上の商品リストを、カテゴリー別、価格順、商品名順などで並べ替えて表示させるといったことが可能です。

データベースプログラムとしては、MySQL(マイエスキューエル)とPostgreSQL(ポストグレエスキューエル)が定評あり多く利用されています。

(参考)
・ コミュニティサイト構築ツールである「XOOP」はPHP/MySQLが対応していることが利用できる条件となります。

・ ブログツール、MovableType(ムーバブルタイプ)の利用であれば、データベースプログラムはMySQLの利用をおすすめします。再構築にかかる時間が短くいことやデーターの保守が簡単であるなどのメリットがあります。

このように欲しい機能はいろいろとありますが、使わないのであれば不必要な機能となります。

レンタルサーバーを選ぶ際には『現在のサイトにはどの機能が必要か?』は当たり前として『将来的にどの機能が必要かになってくるのか?』と将来を見据え必要な機能をチェックしてください。

その他のチェック項目
サポート体制は
サポート体制については、レンタルサーバーの利用経験を考慮して検討してみてください。初めてサーバーを借りる方は電話サポート体制があるレンタルサーバー業者をお薦めいたします。

質問月額費用が低く抑えられているレンタルサーバーでは、問合せや質問についての対応がメールのみというところがほとんどです。

チャットや電話でのサポートを行っているところもありますがサポート体制が充実しているところは月額費用も高く設定されています。また、サポート体制の整っている時間帯、曜日もチッェックポイントのひとつです。

何かのトラブルが生じた場合に急ぐ必要が無いのであれば、メールでの対応で十分だと思いますが、ネットショップ運営の場合は、サーバーのトラブルが売上に直結するので、できれば電話対応で更に24時間対応にしたいところです。

レンタルサーバー事業者によっては、発生しやすいトラブルや疑問について「よくある質問集」「ヘルプ」「Q&A」のようなページに解決方法をまとめているところがあります。そういったページが充実していると、ウェブ上で問題を解決することがるので大変便利です。

プラン変更の場合の条件は
レンタルサーバー事業者のなかには利用者の状況に応じたサービス内容を選べるように複数のプランを用意しているもあります。将来、上位プランに変更などしたい場合、料金や変更に伴う時間はどうなるのかなど予め確認しておきましょう。

サーバーの設置場所は
レンタルサーバーが設置してある場所は大きく分けると「iDC」「自社社屋」「海外」の3つに区別されます。国内業者であってもサーバーが国内に設置されているとは限りません。費用が安い業者では、サーバーを海外に設置しているところも存在します。

また、国内であっても「iDC(インターネットデータセンター)」に設置している場合と「自社社屋」に設置している場合があります。レンタルサーバー業者を選ぶ際は、サーバーがIDCに設置している業者をおすすめします。

高速バックボーンと24時間365日の有人監視体制、無停電装置、自家発電装置、空調設備、入退室管理体制等の環境が施されており、もしものときにも安全です。

自社社屋に設置している場合、社屋がサーバーを管理する場所として適切であるのか、また災害対策やセキュリティーに優れているかは疑問ですからね。

海外に設置している業者の場合、比較的料金が安く設定されておりますが設置場所が不透明な部分も多いですし、遠距離になるほどトラブルに遭うリスクが高まります。いくら通信技術が優れているとはいえサーバーとの距離は近いに越したことは無いと思います。
グループサイト  ネットローンガイド  クレジットカードガイド ローン・キャッシング・クレジット用語集 美容整形の知識